【amazon FBA商品の出品】   > > >

ご訪問ありがとうございます。

ヤフオクですら面倒でできなかった
元・ダメリーマンひろしです。

前回⇒バーコードラベル(シール)をワクワクしながら貼れる方法!

先日、ほんとに些細なことなんですけど
ちょっと引っかかりました。

携帯の機種変をした後、センターから変なメールが
届くので届かないようにしてもらいました。
その際、

「○○が、承らせていただきました。」

うーーーーーん、これ微妙に違わないですか?
(別に気にならないですか?)

「承る」が謙譲語でこれに「いただく」は
いらないので「承りました」で十分でしょう。

ま、それはいいとしてもコンビニの
よろしかったでしょうか?」は、キツイですね。
未だに「うっ(えっ過去形?)」ってなります。

でも、こういうのって
気にするほうが損なんですよね。

だって、言葉は常に変化するので多くの人が
「承らせていただきました。」
「よろしかったでしょうか?」
を使えば、それが正しいんですよね。

なので、日々『スルー』を心がけています。

では、商品にバーコードラベルを貼り終えた
ところで
「納品書を印刷してもよろしかったでしょうか晴れ
※今風(コンビニ敬語?)に言ってみました。)

では、納品書を印刷します。

この、「納品書」っていうのは、amazonに
発送する際に、輸送箱の上にピラって
おいておくものです。

納品書


この「納品書」を一枚入れておくだけで
なんか仕事っぽくなります。

「納品書」作成でやることは、以下のとおりです。

  1. 配送業者の選択
  2. 納品書の枚数を入力
  3. 納品書の印刷
  4. チェック項目にチェック

では、始めましょう。
画面は、前回の続きです。

a.配送業者を選択

① 配送業者を選択します。
② [保存して次に進む]ボタンをクリックします。

b.納品の準備

① 納品書の枚数(ケース(送る箱)の個数)を入力します。
② [納品書の印刷]ボタンをクリックします。

c.納品書の印刷

① [印刷]ボタンをクリックして印刷します。

d.チェック項目にチェック
②チェック項目にチェックします
※3番目のチェック項目は、「いやいや輸送箱に
封をしたら、この紙どうすんねん」って思いなが
らも輸送箱に封をする前にチェックしましょう。

これで、納品書の出来上がりです。

③[続ける]ボタンをクリックします。

次回は、配送ラベルです。

本日も、お読みいただきありがとうございます。

【FBA商品の出品】   > > >

このブログは今、何位?
はてまた、こっちでは?にほんブログ村 小遣いブログへ